FC2ブログ

古いエアコンと換気扇を撤去する

古くなって動かなくなってしまったエアコンを取り外します。
◆右のエアコンと、左の換気扇も外します。
和室の換気扇とエアコン処分前

◆電気工事士がエアコンの室内機を外します。
和室エアコン室内機撤去している
 家の外にある壊れた室外機も一緒に撤去しました。
 左の換気扇は私が外しました。

◆換気扇があった四角の穴には、雨風が入らないようにビニールを貼ってあります。和室のエアコン撤去後
 右下のエアコンの配線の丸い穴も養生してあります。

◆換気扇があった四角い穴は、外壁側に金属の板を貼って塞ぎました。
和室換気扇撤去した後、穴の外壁側を塞いだ後

◆換気扇の穴に、断熱材を入れます。
和室換気扇の穴に断熱材を入れる

◆換気扇の穴に、石膏ボードを貼るための下地木材を打ちつけます。
和室換気扇の穴に下地木材を入れる

◆石膏ボードを張ります。
和室換気扇の穴を塞ぎ石膏ボードを貼る

◆換気扇があった穴の周りの壁紙クロスを剥がします。
和室換気扇の穴を塞ぎ壁紙張替え
 そうしてから石膏ボードの上と、その周りにパテを塗り平らに均します。
 その次に、和室用の壁紙を貼ります(洋室ならリビングルーム用壁紙を)。

◆新しい壁紙を張り替えました。
和室エアコンと換気扇撤去後の壁紙張替え後
 私が張り替えたのでクロス張り替えの作業の写真は撮影できませんでした。
◆右端の白い丸い穴はエアコンの配線を通すための穴です。専用カバーでふさいであります。

◆換気扇があったところの、外壁側の穴を塞いだところです。
換気扇撤去処分後の穴を埋めた外壁側
 金属板を張って、周囲をコーキング打ちして雨漏りを防ぎました。これで雨風が入ってくることはありません。見た目も良くなりました。

新潟市の電気工事のリフォームはここをクリック・昭美堂
スポンサーサイト



引掛けシーリングを取り付けて照明器具を交換

古くなった照明器具は、蛍光灯の紫外線でプラスティック部品が劣化しますて、もろくなります。
 なので蛍光灯のタマを取り替えるときに、タマを動かしただけでプラスチック部品がこわれるのです。
 それに、年月で、内部の電気部品が劣化して、電気部品を放っておくと火災の原因にもなります。

 照明器具の交換をします。
電気工事士が古い照明器具を取り外す
◆まず、電気工事士が古い照明器具を取り外します。

電気工事弁士が引っ掛けシーリングソケットを取り付ける
◆既存の照明器具は、天井裏から電線に直接つながっていました。
 それで、天井板に照明器具を取り付るための、引掛けシーリングというコンセントを、まず取り付けます。それによって、照明器具が壊れた時に、壊れた照明器具だけを簡単に取り替えられるようにします。
◆ここまでは電気工事士しかやってはいけない作業です。

私がシーリングライトを天井に取り付ける
◆新しく丸型のシーリングライトを設置しました。
 脚立の上で、ガニマタになって取り付けているのは私です。
◆新潟市の電気工事のリフォームは昭美堂のホームページをクリック
リフォームカテゴリ
最新記事
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示